映画「少林寺VS霊幻道士」2007/01/07 01:14

カンフーの出来る父とその娘の物語。

ある村で幽霊が出るとの噂が広まって、
みんな村から出て行こうと思っていた。
実は、ある悪者達の企みだと知った少女は、
みんなに教えて解決したかに見えたが…。

これはテレビ映画だなと思って見ていたら、
最後に「朝日放送」と出ていました…。
どうやら、日本で企画・製作された映像のようです。
ほとんどが中国人のキャストの中、1人だけ日本人が出演していました。
工藤夕貴が出演していました。しかも若いです。
彼女はやっぱり演技が上手いですね。
中国の人相手に日本語で対応していますから。
…ん?日本語?
この映画、工藤夕貴以外は皆、声は吹き替えでした。
工藤夕貴だけは自分の声でした。
だから、撮影中は工藤夕貴だけ日本語で、
中国の人達は中国語で話しているんでしょうね。
そうだとすると、演技を合わせるのは大変そうですね。

悪人達の企みを暴いた少女は悪人達に狙われます。
そして、友達と遊んでいると…。
なんとも可哀想でしたね。
なんで、こうなるんでしょう?

悪巧みを暴いた少女には少年キョンシーが付いていました。
少女は紙で服を作り、紙の服を燃やして、
少年キョンシーのために服を作ってあげました。
服を作ってあげるのはいいんですけど、
紙の服を燃やす場所が問題ありでしたね。
ちょっと間違ったら危ないです。

工藤夕貴、登場。
家に着くなり、あまりの汚さに掃除開始。
そして、勝手に掛けられたドレスを着てました。
それを見てしまった父は激怒!
これは、無断でドレスを着た工藤夕貴が悪いですよね。

劇中歌がありました。
それに合わせて、いろいろやってますね。
このシーンで、ん?と思ったところがありました。
キョンシーって、間接が曲がるんでしたっけ?
みんなでカンフーの型をするのですが、
しっかりと少年キョンシーの腕が…。
世の中には不思議な事が一杯ありますね。

とても珍しいものを見てしまいました。
こういう映画もあるんだなと勉強になりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/01/07/1097537/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。