映画「白銀に踊る」2007/01/06 01:09

舞台に出演する事を夢見る女性と劇場の舞台製作をする男の物語。

劇場の舞台を作製をしている男は、
アイスホッケーの練習後に、
密かにフィギュアスケートの練習をしている女性を好きになります。
男の頑張りで、彼女と話す事ができ、
彼女が舞台に出演する事を夢見ていると知り、
男は自分の劇団に来ないかと誘う事に。
赤字の劇団に、あるスポンサーが付く事になった。
ただし、条件はスポンサーの男の恋人を舞台の主役にする事だった…。

よくあるパターンの話かもしれませんね。
勘違いが重なって、変な事になってしまったという…。
この映画は物語よりも、
何と言っても、「レビュー」です。
ただ、この手の映画は2回目なので、
1回目の感動と同じ気持ちには、ちょっと…。
でも、相変わらず、主役の女性の人の
フィギュアスケートは凄いですね。
よくあれだけの事が出来るのかと関心してしまいますね。
そして、レビューは見てるだけで楽しくなります。
俺は、どちらかと言うと、「空から~」のレビューの方が好きですね。
まぁ、こればっかりは人の好みですからね。

最初のスキーは一体なんなんでしょうか?
舞台作製の男が1人先に滑り、
その後に何人もの人達が彼を追いかけます。
その追いかける人達の格好がちょっと変なんですよね。
どうして、こんな格好してるんでしょうかね?
あと、どうして、こんな所に住んでいるの?という人もいましたね。
面白かったです。

舞台作製の男は、
フィギュアを練習している女性に近付くために、
自分を偽ります。
その時の彼の演技?も面白かったですね。
いくら業とでも、人を好きになると、ここまで出来るんですね。

フィギュアの女性と舞台製作の男の
リンク上での鬼ごっこも面白かったです。

あと、スケートでコサックダンス。
これにも驚きました。
出来るもんなんですね。

ちゃんとした(?)舞台でのレビューも面白かったです。
歌を追いかける人がいいですよね。

やっぱりレビューを見るだけで楽しいですね。
これぞ、エンターテイメントです。

コメント

_ 通りすがり ― 2008/03/21 01:47

あの女性は、かの「イナバウアー」を生み出したスケーター
イナ・バウアーさんですよ。五輪には出ておらず世界レベルではなかったようですが、ドイツや欧州では上位の選手でした。
それから意味不明のSKIで最後もSKIなのは、
相手役がトニー・ザイラーという超有名なSKI選手だからです。
各地のSKI場にザイラーゲレンデがあるのは、
ザイラー氏が日本を気に入り(札幌五輪で)その後何度も日本をおとずれ
SKI場の設計に尽力されたからです。
それでは。

_ Suzu-Yasu ― 2008/03/21 20:12

通りすがりさん、コメント、ありがとうございました。
2人ともスケート、スキーの選手だったんですね。
教えて頂きまして、ありがとうございました。
m(_ _)m

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/01/06/1095458/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。