映画「夕闇にベルが鳴る」2007/01/18 01:51

殺人鬼に狙われる少女の物語。

主人公の少女は、女の子のベビーシッターをする事になった。
女の子をベッドに寝かさせて、恋人を待っていると、携帯が鳴った。
出ると、相手は何も言わないので、彼女は電話を切った。
彼女は、恋人がいたずらで電話をしていると思っていた。
しかし、何回目かの電話で、相手が「お前を殺す」と言い、…。

冒頭から嫌なシーンでした。
何だ?このシーンはという感じでしたが、
徐々に何をしているのか分かったのですが、
どうして、このような事になっているか分からず、
?が多いままで、物語が始まりました。

主人公の少女(?)はベビーシッターの腕はあるようですね。
女の子をきちんと誘導していますからね。
人は見かけによらないなぁと、
主人公の事を関心しました。

寝る前に、女の子はかくれんぼしたいと言いだしました。
もしかして、アメリカの子供は、寝る前のかくれんぼが好きなのかな?
他の映画でも、子供が寝る前にかくれんぼしていたような気が…。
どっちにしても、眠りたくないって事なんでしょうね。

主人公の少女に、脅迫電話が掛かり、彼女は警察に連絡をします。
その時に、警察から、ある指示がありました。
これって、本当に出来るんですか?
もしそうならば、凄いなぁ。
昔の刑事ドラマで見ると、いろいろと必要な感じでしたが、
今では、こうですか…。
技術は進歩してますねぇ…。

主人公は殺人鬼に狙われ、奴は彼女がいる家に。そして…。
殺人鬼が主人公を狙う理由がぼやけて分かりましたが、
これって、自業自得って事ですよね。
少女も悪いですね。
正直者を騙しちゃいけないです。
でも、少女が狙いなのにねぇ…。
周りの人、しかも全く関係なさそうな人達も襲うのは、どうかと…。
何で襲ったんだろう?邪魔するかもしれないからかなぁ。

最後もなんだかなぁ。
もうちょっと攻防戦があったら良かったのになぁ。
逃げ回ったりする事も無かったし、
もうちょっとハラハラドキドキしたかったですね。

頻繁に出てくるノイズと画は、気持ち悪かったです。
何か意味があったのかなぁ…。
まさか某ヒットスリラー映画の真似事じゃないよね?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/01/18/1120435/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。